2015年8月31日

トイレは昔よりも便利になった!反面トラブルも発生している!?

現代のトイレのしくみ

昔は汲み取り式のトイレで、いわゆる垂れ流しの状態で、そのためにトイレはくさい場所というのが定番であり、そのイメージが今でもついています。しかし商品も改良されて、便座も和式から洋式に変化して、楽して用を足すことができるようになっています。しかも昔のように、便器の下に汚物がたまっている状況ではなく、そのたびに流すような下水も完了されてきており、また管がくねくねと曲がり、そのところどころに水がたまって、それが匂いの栓の働きもしているために、流したものから匂いがわいてくることはないようになっています。

トイレが詰まるようになったこと

しかし、この匂い対策のくねくねした管のために、堅いものは流れにくく、また管自体も狭いために汚物や水に溶ける紙以外のものを流すと、それが栓の働きをして流れて行かないといった状況を作り出すことがあります。そのために従来のトイレでは考えられなかった、トイレ詰まりが発生しやすくなっています。水洗トイレで流す場合の水の勢いを考えると、なんでも流れていくというように感じる人もいて、余計なものも流したり、また気づかない間にポケットからものが落ちてしまうことで詰まることもあります。

下水処理がスムーズになるようなしくみ

従来のトイレの欠点を補うために進歩してきた便器やトイレのしくみですが、そのような詰まりも発生してトラブルも多発しています。しかし詰まるということには原因があるので、例えばそれがトイレに流してはいけないものである場合に詰まることでそれ自体を最後まで流さないような砦の働きをしているとも言えます。それがないと、なんでもかんでもが下水に流れて、下水処理場で処理できないものも流れてきたり、それらが原因で処理の作業がストップすることにもなりかねないです。

水漏れを放置しておくと、住宅に深刻な被害をもたらします。まずは、信頼できる業者をピックアップして、正確な見積もりを依頼すべきです。